古美術品などの価値を知るなら【骨董品買取のサービスがおすすめ】

HOME>注目記事>眠っていた骨董品があるならチェック!骨董品買取のポイントについて

掘り出し物の可能性も?骨董品を査定しよう

家の中を整理した際に出てくる不用品ですが、中には価値のある美術品や骨董品などが紛れていることもあるかと思います。「どのくらい価値があるのもなのかわからない」という場合には、まずは骨董品買取のサービスに鑑定を依頼してはいかがでしょうか?鑑定士によって、適正な価格を知ることができます。

鑑定をする時のポイント

虫眼鏡

専門のお店に依頼する

自分が鑑定を依頼したいものを取り扱っている専門店だと、正しい知識で判断し、適正価格を提示してくれます。そのためにも、買取実績が豊富な所を選ぶことが一つの目安となっています。

相場を把握する

買取を行なう場合、おおよその相場を確認しておくことが大切です。鑑定歴が浅い鑑定士だと、安い金額を付ける可能性があります。取引で損をしないためにも、いくつかの買取店や骨董品店に鑑定を出して金額を把握しましょう。

手入れは適切に行なう

骨董品などは、保存状態によっては汚れていたり劣化していることもあります。自分でできる範囲の手入れなら構いませんが、ものによっては繊細で傷みやすくなっているので、むやみにきれいにするのは避けるようにしましょう。また、壊れているものは手を付けずそのままの状態で鑑定をしてもらいましょう。

眠っていた骨董品があるならチェック!骨董品買取のポイントについて

骨董品

付属品があるなら揃えておこう

一般的に多く買取されている骨董品には、茶道具があります。茶碗や急須、茶筅などが対象となりますが、一緒に付属品や鑑定書があるなら、それも一緒に見てもらうことでより価値も高まります。どんな小さなものでも、ちゃんと値がつくことがありますので、一度鑑定に出してみるといいでしょう。